1. HOME > 
  2. ブログ > 
  3. Final Cut Pro X(FCP) の作業容量を減らし...

Final Cut Pro X(FCP) の作業容量を減らしたい


小さな動画でもFinalCutPro Xで編集すると驚くほどHDDの容量を圧迫します。


今回は、大切な動画等の素材を間違って削除することなく簡単に減らす(HDDの空き領域を増やす)方法をご紹介します
※編集が終わったモノから整理することをお勧めします


1,イベントライブラリの一つを選択し、「ファイル」→「イベントのレンダリングファイルを削除…」をクリック


イベントのレンダリングファイルを削除


 


2,「未使用のレンダリングファイルのみ」と「すべてのレンダリングファイル」のいずれかを選択し「OK」


未使用のレンダリングファイルのみ ・・・ そのままです。保存してあっても仕方ありませんので編集中であればこちらを選択


すべてのレンダリングファイル   ・・・ 編集が完了しているならばこちらを選択しても差し支えないでしょう


いずれにしても編集を再開すればバックグラウンドで自動的に作成されるモノです。素材には影響しません。


レンダリングファイルを削除


 


3,おそらくこの作業だけで数G〜十数Gの空き容量が確保されたと思います


4,次に、プロジェクトライブラリのいずれかを選択して同様に「ファイル」→「プロジェクトのレンダリングファイルを削除…」をクリック


プロジェクトのレンダリングファイルを削除


 


あとは同じ作業を繰り返してください。


20分程度のプロジェクトで20Gの空き容量を確保することができました。


記事:noiri
 

ページの先頭に戻る