(追記あり)

協同組合や物流系企業でETCカードの運用担当をしている方、こんにちは!

2021年4月23日NEXCOからお知らせがありました。内容としては、新型コロナウィルスの感染拡大防止の観点から、国土交通省からの依頼を受け、ゴールデンウィーク期間(2021年4月29日~5月9日)における休日割引の適用を除外するとのことでした。

休日割引の対象となる土日祝に通行しても、休日割引が適用されないということです。

※他の割引について変更はありません。

詳細は、以下のプレスリリースをご確認下さい。

2021年ゴールデンウイーク期間(4月29日~5月9日)は休日割引が適用されません

休日割引とは、以下のようなものです。

  • 普通車・軽自動車等(二輪車)限定
  • 土曜日、日曜日、祝日(終日)
  • 地方部の割引対象道路を走った場合、割引30%
  • 走行距離や割引適用回数の制限なし
  • 休日割引と深夜割引・平日朝夕割引等は重複して適用されない

ETC休日割引 – ドラぷら

物流事業者が利用している中型車・大型車、特大車はもともと、休日割引が適用されないので、大きな影響はないと思われます。 都道府県をまたいだ不要不急の移動の自粛を目的とした、一般車(マイカー等)への対応だと思います。

昨年(2020年)は、当初は、GW期間だけの適用除外でしたが、適用除外期間の延長で5/31までとなり、その後再度延長で6/14まで休日割引の適用除外が延びました。去年の休日割引適用除外の概要と経緯は以下を参考にして下さい。

コロナ対策により、GW期間(4/29-5/6)の休日割引が適用除外になります!(6/14まで延長されました)→6/20から休日割引の適用が再開されました

昨年の事例もあるので、期間の延長の可能性もあります。

普通車、軽自動車を利用している営業車には影響があるので、ご注意下さい。

(以下、追記です)

高速道路料金の休日割引の適用除外については、2021年4月29日から5月9日までとなっておりましたが、緊急事態宣言の延長に伴い、2021年5月30日まで延長されることになりました。

5月30日まで休日割引の適用除外を延長します

道路会社プレスリリースより

(以下、さらに追記です)

高速道路料金の休日割引の適用除外については、2021年4月29日から5月30日までとなっておりましたが、緊急事態宣言の延長に伴い、2021年6月20日まで延長されることになりました。

6月20日まで休日割引の適用除外を延長します